シリコンバッグのページ

シリコンバッグって何?

豊胸のページでもご紹介しましたが、 豊胸手術に関してはシリコンバッグを胸に埋め込むという手術が一般的です。

シリコンバッグの他には生理食塩水バッグなども利用されています。違いはというと、施術後の感触や見た目、 ケア方法などの違いが挙げられます。

リスクも知っておく

いろんなリスクの中でも豊胸手術によって起きる可能性があると指摘されているのが皮膚の壊死に関するリスクです。皮膚の壊死というのは豊胸を行う際に、シリコンなどを注入すると、周辺の血管に圧力がかかってしまい発生するそうです。

症状としては、赤くなり痛みを感じたり、ひどくなると皮膚を裂いてしまう事まであるそうです。大幅に大きくすると起こり得る可能性もあるそうです。考えるとちょっと怖くなりますね。

そうなるまでに不調を感じる様な事があれば、医師に早めに相談したいですね。その場合には、バッグをより小さな物に交換したり、または別の脂肪注入法などを利用して胸を大きくするという事も考えられます。

メリットは何か

シリコンバッグを利用する際の大きなメリットは、自分の好みに応じたサイズや形に変更できる という点です。スタイルを良くしたいという方にはとても大きな魅力ではないでしょうか?

また、豊胸手術の場合、傷痕が目立たなくなるまで服で隠しておけるというメリットがあります。 また、女の人だけでなく、女性に生まれ変わりたいと思っている男性にとっても利用されています。